2012年03月03日

納車待ち

いすゞ new d-max 納車待ち 5か月が確定しました。
どういう生産体制になっているのだろう。
あてもなく待ち続けています

posted by セイス at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月29日

博士後期課程試験

博士後期課程試験に失敗しました。
当日、口頭試問に連絡済みの指導教官が理由もなく来ませんでした。
指導教官は、修士での指導教官でした。

事前に問い合わせたところ感触がよかったので、
てっきり試問でも会えると思っていたのですが・・・

タイから時間とお金をかけて日本へ行ったのに・・・・
会えませんでした。

大学という社会は一般の社会とは違うようですね

posted by セイス at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月23日

旺盛な購買意欲

タイでは、自動車購入が旺盛なようです。

現在、トヨタフォーチュナーの6カ月待ちを筆頭に、各社3カ月から4カ月まちの状況のようです。
いすゞは、定かではありませんが。

posted by セイス at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月21日

いすゞ2

いすゞ D=maxは、
9か月前予約、今月納入。
8月予約、まだこない。
4ドアの納入が大幅に遅れている。
納入後、瑕疵が見つかる車があり。
黒色の納入が大幅に遅れている。
といった。情報が飛び交っている。

ということは、10月予約は、4月以降の納入になるのかなああああ

posted by セイス at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月20日

いすゞ

最近 フェースブックでの「d-max」の記事を読んでいると、消費者はしびれをきらしてるということ。何もわからず、ただ、ただ待つのみ。そう考えると、4か月が、限度なのかもしれない。

そもそも、「いすゞ」の生産自体がどのようになっているのかわからない。部品供給が滞っているのか、工場に何か支障があるのか、見通しも全くもってわからない。

代理店は、今月きますよとは、言ってくれたが、先月も同じ答え。待つのは、ただ、つらいですな

posted by セイス at 16:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月19日

ピックアップ

ピックアップを検討してみると、いすゞかトヨタがベストだと思う。
タイで車購入の一番の問題は、維持だと思う。
いかに、安く維持しやすいか。

そう考えると、いきつくところは、やっぱり、いすゞかトヨタがベストだと思う。
いすゞのNew d-maxは、ほとんど変わっていない改良型エンジンなので、タイのどのエンジニアも扱いやすい。代理店は、どの県にもある。部品供給も安定している。
トヨタも同じ。

フォード、マツダは、基本的には、2200CCエンジンだと思う。

3200ccをhttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1036696350を参考に考えてみると、維持が難しそう。
バンコクならいいけど、地方では代理店、部品供給に問題がある。中古市場は、マツダ、フォード地獄。


posted by セイス at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月18日

いったい、いつになったら車が来るの?

いすゞの New D-maxを発表当日に予約申し込んでから、早、4か月が経過。納車の見込みもたっておらず、このまま5カ月待ちに突入する気配。

いすゞの生産は、減産の影響を払しょくできないままなのだろうか。
それにしても、発表当日の朝、一番で予約申し込んで、4カ月待ち。うーん。どんだけ、予約待ちがいるのだろう。

posted by セイス at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月16日

英文でも日本文でも

日本語作文がんばれ学科
は、英文でも日本文でも、もし何か書く必要に晒されたら、読んでおくとよいと思う。
特に、日本人が間違う文法が正しくても、英語では?ということが分かると思う。

昨日、たまたま、ある大学の紀要の英文を読んでいて、んーと考えてしまった。というか、数行読んで、読む気がしなくなった。多分、文法的には、良いんだろうけど、読めない。読む気がしない。という論文に出くわしたので。


posted by セイス at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月15日

最近

納車待ち、4か月が経過しました。いったい、いつ納車されるのだろうか。まったくもって、未定。

ワークパーミット更新できました。学校の尽力に感謝。

posted by セイス at 03:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月12日

いすゞの技術

フォードからレンジャーが発売されて、その素晴らしさに驚いていた。
しかし、いすゞの前の世代のパンフレットを読んでみると、いすゞが既に行っていたことが多いことに気付いた。

いすゞって、実は、凄いのかもしれないと思った。

トヨタのピックアップ次世代エンジンは、今のいすゞを上回る性能だろう。でも、いすゞは、もうすでに、次世代を見据え終わってるのかもしれない。

posted by セイス at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月27日

もどかしい面

私の勤務する学校は、地方では、トップレベルの学校です。1番目か2番目ぐらいだと思います。地方とは、例えば、東北地方という意味です。

タイでの中等教育における日本語教育を理解している日本語教師は、本当に限られた数しかいないのでは、ないだろうかと思います。

日本語を教えることができる教師はいるのだろうけど、学校制度の中で、学校教育として日本語教育ができる先生は、どの程度いるのだろうか。

国際交流基金が、勧めている「あきこCan-do」は、確かに教師にとって多大な貢献を生みだすだろうと思う。しかし、タイの公立の中等教育では、学校制度のもとに、もう少し踏み込んだ段階まで来ているのが現状だと思う。

今、タイの公立中等教育では、「日本語Can-do」から一歩進めた「あきこCan-do」ではなくて、タイにおける、学校教育制度からみた日本語教育のありかたが求められていると思う。

多分、中等教育にどっぷりつかった先生は、国際交流基金とは、距離が離れていると思うし、また、国際交流基金も、そういった先生に関心もないとは、思うけど。

posted by セイス at 04:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月23日

自然に

自然に英語に耳を傾けています。

英語喉を知って、一番苦労したのは、スリービート。やはり、スリービートが一番わかりにくい。でも、苦労といっても、数か月程度。あとは、自然に自然に。

英語が聞けるようになって一番ありがたいのは、もちろん職場。次に、ユーチューブ。特に、ユーチューブは、暇さえあれば、仕事に関連した情報を聞いている。

やはり、読むより聞くほうが早いといまさらながらに思う。特に、最近、教育評価について聞いている。ま、仕事上の最大の関心事だから。

私の場合、スリービートがわかっても、英語話者によっては、聞こえない時期があった。聞こえない時期をどう克服したかと考えを巡らせて、何もとりたててしていないことに気付く。自然に聴解が成長したような感じ。

多分、脳には、分かってもある程度、経験をつまないとしっくりとこない部分があるのではないだろうか。英語読解についてみると、もう、いやになるほど、読んだ。翻訳された本がなかったから、しかたなく。それで、今は、英語は抵抗なく読むことができる。その経験からいえば、やはり、脳は、ある程度、経験をつまないといけないのではないだろうか。


posted by セイス at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月10日

ついに

日本語をほとんど聞かない生活を送っています。

タイで、土曜日にテレビ東京の旅行番組を放送しています。まあ、あまり見ないのですが。。。

今日たまたま見ていて、日本語が早いことが体感できました。英語のスリービートとの違いが明らかにわかるようになりました。

そうすると、今まで、日本語に違和感を感じなかったのに、今日は、日本語に違和感を感じました。

あ、そうだったのか、これが英語が聞けなかったわけだったんだなと、改めて実感しました。

では、どうやって、英語が聞けるようになるか。
英語喉しかないでしょう。英語喉しか、聞けるプロセスを提供してないのですから。

posted by セイス at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月08日

携帯電話

携帯電話を買い替えてみた。スマートフォンというのだろうか。
まず、タイ語辞書を作成。3日間かかった。勝手がわからず・・・

ウエイブ上で紹介されている作成ケースは、どうも個々のケースがあるようだ。ので、わたしの場合には、当てはまらなかった。いろいろいじっていたら、すんなり簡単にできてしまった。

辞書詳細設定(E)→3つある項目で、最初の項目を選択→辞書変換設定→スマートフォン上のフォルダ指定→その後、スマートフォン上の作業(私の場合は、左にあるボタン)setting→
add dictionary→SIMカード上のフォルダ→実行
で、なんとかなった。やり方があっているのか、まちがっているのかわからないが。。。

ちなみに、スマートフォン上のsimカードフォルダの作成は、PCからできる。

最近、ほとんど使っていない英語辞書もいれてみようかなと思っている。

本当に、スマートフォンは、便利極まりない。



posted by セイス at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月03日

抑揚

英語の強調とイントネーション

日本人は、完全に誤解していたと思う。イントネーションの強調、ストレスなど・・・
スリービートで聞いていれば、そんなものは感情にすぎないということがわかる。

でも、今までは、英語が聞けてないので、スリービートの箇所箇所がイントネーションの強調、ストレスと錯覚し、それが英語だと思ってしまったのでは、ないだろうか。

スリービートで聞いていれば、スーリービートでしかありえない。感情は、スリービートに乗せるだけ。

posted by セイス at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月01日

英語の聞き取りが変わる

今日 YOUTUBEで
を聞いていたら・・・・

格段とわかる。進化!

んーん ますます 不思議な英語喉の世界

英語喉の凄さは、進化が味わえるということだと思う

posted by セイス at 04:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月27日

勤務先の学校

私が勤務する学校では、生徒たちが普通に英語をはなしている。
普通にだ。成績の低い子も英語を普通に話している。
特殊か、というと、そうではないと思う。

なぜか、みんな英語が普通に聞けるから、普通に話せるのだと思う。

時々、日本のことを思う。日本だったら・・・普通に話せないと思う。
なせか、聞けないから。そして、聞けないと思っているから。

最近、思うのは、アクセントやイントネーションとかじゃなくて、やはり、英語喉の上川さんが提唱している。スリービートだと思う。

来週、日本語スピーキングコンテストがあるので、生徒の指導をしていて思うのは、どうしてもスリービート読みをしてしまう箇所があることだ。そこを、どう、ツービート読みをするのかという方法論を持ち合わせていないので、どうも伝わらない。包丁で、たんたんと切るようにとでもいうのだろうか。でも、比喩で教えると必ず伝わらない。

日本語は、口だといって教えてみようか。でも、伝わるかなとも思う。

英語喉には、感謝している。

そういえば、昨日会議があった。前の会議では、終わったつもで、途中で立ち上がったら、終わってなくて、さんざん隣のイギリス人に冷やかされた。昨日の会議でも、同じイギリス人に冷やかされた。別に普通に会話のやり取りをしているだけだ。

英語喉以前は、聞けなくて、緊張していた。何を言われるのか、怖かったくらいだ。でも、今は、英語喉のおかげで、普通にしていられる。ま、知らないこともあるけど。

アメリカ人同士が、何かエンジンのことで、白熱して議論しているのを、仕事をしながらきいていた。そしたら、このエンジンは、日本人が発明したと思うんだけど、知ってるか。ま、知らないから、知らないと答えただけだけど。

ま、普通にしていられるのは、本当にありがたい。












posted by セイス at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月18日

脱力する

きのう、卒業した生徒と英語と日本語について話していました。

その生徒は、英語は遅い、日本語は早いと言っていました。
日本人の感覚からすると逆ですね。
でも、英語喉を知ってから、その生徒と同じような気持ちになっています。

英語喉の上川さんも言っていたと思いますが、日本語は力が入りすぎているのではないでしょうか。だから、英語が聞けない。
日本語の感覚だと力が入っているから、英語が待ちきれない。脱力すると、英語は、遅いので聞きやすくなる。遅いというのは、スリービートという意味です。

だから、待つ感覚を身につけるようにする。体が前のめりになりそうなときは、あえて体をうしろのめりにもっていく。

力を抜いて、力を抜いて、急がず、ゆっくり、力を抜いて

posted by セイス at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月11日

スリービート

posted by セイス at 04:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月08日

誤解

英語は、早い

これは、誤解!そして嘘!
聞けなかったから、早いと誤解していただけ

私もその罠にはまりました。聞けなかったから。

早いのではなくて、スリービートを知らなかっただけ。
本当に、スリービートを身につけて、英語の海に飛び込んだほうがいいです。

英語は、手段にすぎませんので

posted by セイス at 20:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
ご連絡は、 khon2518★yahoo.co.jp までよろしくお願いします ★は@に変えてください
RDF Site Summary
RSS 2.0

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。