2007年08月18日

教師像

きょうは、タイの地で、教えられている、ある先生とお話させていただく機会を得ました。

以前から、お話させていただきたいと思っていた先生です。
とても丁寧に応対していただき感謝しております。
また、その後の経緯につきましては、このプログに書かせていただきたいと思っています。

日本語を教えるにあたって、中学・高校生を対象にするものと、大学生を対象にするのとでは、求めるられるものが異なっているのではないかと思っています。

明日は、中高生を対象とした、学習会が地域でもようされます。といっても、100KMばかりはなれているのですが。

なかなか、バンコクまでは、出にくい環境では、ありがたい学習会です。どのような結果になるかはわかりませんが、中学高校生に求められる教師像の一環をつかんできたいと思っています。

タイで教師をしてみたいと思っている方に、お勧めの書籍があります。私は、この本を読んでみて、働く前に、読んでおくべきだったと感じるに至りました。

本の内容は、タイで求められる教師像です。教師は、どのようにあるべきか。といったないようですが、実に、的を得た内容です。
ちょっと古いですが、赴任される前に読んでおくと、経験が短縮できます。

書籍名
松井嘉和 1995 『タイ王国における日本語教育−その基盤と展開−』   錦正社


posted by セイス at 04:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
ご連絡は、 khon2518★yahoo.co.jp までよろしくお願いします ★は@に変えてください
RDF Site Summary
RSS 2.0

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。