2012年03月11日

教員免許

タイで教員免許を取得するには、

1.タイ国教育省の試験を受ける。
2.教育学部系統(学部卒以上)系統の場合は、審査あり。
3.日本での教員免許の移行。

試験は、150問、2時間半、4科目、2日で行われます。ただし、1科目の受験でも可能。試験問題は、タイ語か英語です。

教育学系統での審査は、審査基準があり、審査基準の内容はよくわかりません。

教育学部以外の卒業の場合は、1か教育学部系統での学士号以上を取得することになります。タイでは、イサーン大学の不正の影響を受け、教員養成講座(ディプロマ)が停止した状態のようです。

また、バンコクでは、教員養成講座の受講について多くの大学で開催され問題がありません。問題は、地方です。本当に、地方では開講されている大学が限られ、タイ語か英語での授業となります。ほとんどが、タイ語です。期間は、1年間です。

そこで、日本での通信教育を検討すると、単位試験を日本で受ける必要があるので、余程の資力がないと検討から除外することになるでしょう。

では、タイ以外の海外の大学では、というと確かに開講されていますが、はたしてそこまでして受講するかという疑問があります。

本当に、教育学部系統以外の学士卒の日本語教師は、この教員免許に苦労しています。

最後の手段は、八州学園大学で、教育科目の単位をとり、学位授与機構で教育学士卒をとる。
八州学園大学は、インタネットで単位試験が受けられるので、日本へ行く必要がありません。私も、単位取得しました。
来年からは、インタネット型の大学が増えるようですので、単位取得の様相が変わるかもしれません。

posted by セイス at 04:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256919290

この記事へのトラックバック
ご連絡は、 khon2518★yahoo.co.jp までよろしくお願いします ★は@に変えてください
RDF Site Summary
RSS 2.0

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。