2012年03月10日

直接法で教える日本語(東京外国語大学出版会)を手にしました。
あきこと友達Can-Do ハンドブックを手にしました。

これさえあれば、未経験でも日本語が教えられそうです。

直接法で教える日本語は、たぶん使いそうもないと思います。なぜなら、中等教育では、生徒の注意資源が乏しいからです。
では、何故買ったかかというと、好きだから。そう、好きなんです。こういう本が。パラパラめくっているといろいろ考えることができるので、買いました。

あきこと友達Can-Do ハンドブック、いいです。とっても。クラス規模の想定、時間配分、教師への指針があればもっとよかったかな。でも、盛りだくさんすぎませんか。語彙、漢字の指導も含めて授業時間数は、どう設計するのかな。

posted by セイス at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ご連絡は、 khon2518★yahoo.co.jp までよろしくお願いします ★は@に変えてください
RDF Site Summary
RSS 2.0

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。