2011年11月27日

勤務先の学校

私が勤務する学校では、生徒たちが普通に英語をはなしている。
普通にだ。成績の低い子も英語を普通に話している。
特殊か、というと、そうではないと思う。

なぜか、みんな英語が普通に聞けるから、普通に話せるのだと思う。

時々、日本のことを思う。日本だったら・・・普通に話せないと思う。
なせか、聞けないから。そして、聞けないと思っているから。

最近、思うのは、アクセントやイントネーションとかじゃなくて、やはり、英語喉の上川さんが提唱している。スリービートだと思う。

来週、日本語スピーキングコンテストがあるので、生徒の指導をしていて思うのは、どうしてもスリービート読みをしてしまう箇所があることだ。そこを、どう、ツービート読みをするのかという方法論を持ち合わせていないので、どうも伝わらない。包丁で、たんたんと切るようにとでもいうのだろうか。でも、比喩で教えると必ず伝わらない。

日本語は、口だといって教えてみようか。でも、伝わるかなとも思う。

英語喉には、感謝している。

そういえば、昨日会議があった。前の会議では、終わったつもで、途中で立ち上がったら、終わってなくて、さんざん隣のイギリス人に冷やかされた。昨日の会議でも、同じイギリス人に冷やかされた。別に普通に会話のやり取りをしているだけだ。

英語喉以前は、聞けなくて、緊張していた。何を言われるのか、怖かったくらいだ。でも、今は、英語喉のおかげで、普通にしていられる。ま、知らないこともあるけど。

アメリカ人同士が、何かエンジンのことで、白熱して議論しているのを、仕事をしながらきいていた。そしたら、このエンジンは、日本人が発明したと思うんだけど、知ってるか。ま、知らないから、知らないと答えただけだけど。

ま、普通にしていられるのは、本当にありがたい。












posted by セイス at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ご連絡は、 khon2518★yahoo.co.jp までよろしくお願いします ★は@に変えてください
RDF Site Summary
RSS 2.0

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。