2011年08月12日

フォードとトヨタ

今年、トヨタとフォードのピックアップトラックが発売された。る。
トヨタの世界戦略車である、Hilux vigoは、安全装置(VSC)が外され、DVD(バックカメラ装置付)に置き換わった。エンジンは、ダイヤモンドコートを施し、耐久性の向上を図ったようである。さらに、サスペンションの向上、車体安定性の向上を図った。

トヨタの発表会では、トヨタの責任者、技術者が訪れ発表、質問の受け答えをしていたようである。ビデオで見る限りは、あまり熱意をかんじさせるものではなかった。これは、主観がはいっている。

トヨタは、一体何をどう変え、どう消費者に訴えていくスタンスが乏しかったように感じる。
今回、発表された内容は、ピックアップマーケットシェア2位のいすゞに対抗すべく感がある。

しかし、本当にトヨタの姿勢は、正しいのだろうか。いすゞは、以前の輝きを喪失し、タイ人から信頼を失いかけているようである。エンジンの音、故障など。タイ人も気付き始めている。いすゞは、以前と違うと。

三菱自動車は、快適装備の充実、馬力、低価格の三拍子で少しずつ、マーケットシェアを伸ばしつつある。あとは、タイ人の信頼だけ。

ここにきて、フォードが真剣にマーケットシェアを取りに動き始めたようである。フォードの小型車は、発売されてから、超人気である。この1車種のみで、大きくマーケットシェアをのばした。
今までフォードは、なにをしてるのという感だったが、ここにきてようやく本気を見せ始めている。

次なるフォードの手立ては、ピックアップでマーケットを取るという姿勢が鮮明に打ち出されている、トヨタが改良したサスペンション、ボディなどの向上、バックカメラの搭載、先進的な安全装備、スタイルのよさ、馬力の大幅な向上、運転の快適性の向上。

フォードの新車発表会を見ていると、熱意と自信に満ち溢れ、トヨタと対照的である。

しかし、タイ人は、フォードを信頼していない。どう信頼を勝ち取っていくかが、フォードの岐路だと思う。


posted by セイス at 04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219792912

この記事へのトラックバック
ご連絡は、 khon2518★yahoo.co.jp までよろしくお願いします ★は@に変えてください
RDF Site Summary
RSS 2.0

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。