2010年12月01日

紀要

今日、国際交流基金から、紀要が届きました。
毎年、著者は、同じなようです。

中等教育機関向け、教科書(週2,3日授業対応)が作成されるようです。どのような教科書になるのか楽しみです。

「あきこと友達」が詰め込みすぎの教科書であるため、その点を改善してもらいたいです。特に、語彙の多さは、なんとかならないものかと・・・。漢字指導につても、改善がみられるといいですね。
 
 文法、読解、聴解、教室活動などについては、「あきこと友達」は、とてもよい教科書だと思います。その点が、継承されるといいですね。

 あとは、薄く、薄くです。「あきこと友達」が、当初想定していた授業時間内で終えることができず、卒業してしまう実態を、新しい教科書に反映してもらいたいものです。

 まだ、厳密に比較していませんが、大学入試問題と教科書の連携がうまくいっているのかどうか少し疑問があります。
 どうも、タイでは、大学入試問題と教科書双方が、それぞれ背伸びがちのような気がします。




 

posted by セイス at 03:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ご連絡は、 khon2518★yahoo.co.jp までよろしくお願いします ★は@に変えてください
RDF Site Summary
RSS 2.0

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。 Google の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。